足立区の北千住は交通至便で下町らしい活気もある街

足立区の北千住は、東京では下町の地域に分類されています。全域が平坦な地形で、荒川と隅田川に囲まれた場所には、伝統的な街並みが広がっています。もともとは日光街道や水戸街道が通過する交通の要衝で、隅田川に最初の橋が架かってからは、宿場として急速に発展した経緯があります。現在ではJR常磐線や私鉄の各線をはじめとして、国道4号線も通過する大動脈になっています。

厳密な意味では北千住という行政地名は存在することはなく、隅田川北岸の地域を示す通称ですが、本家本元の千住よりも知名度が高いと言っても過言ではないでしょう。グルメや旅行に関するテレビ番組では、北千住として紹介されることも少なくありません。その範囲は特別に広くはなく、基本的には隅田川から荒川の間の街並みになりますから、散歩の感覚で楽しめる観光地でもあります。

観光地としての側面がある一方で、足立区を代表する住宅地としても人気を集めてきた街です。北千住の街には下町らしい気風が流れ、商店街では昔ながらの人情に触れられることも魅力となっています。近年には大学の誘致も盛んに行われた結果、高齢化の時代でありながら若い年代層も多い街になりました。大都市部でありながらも、柳原千草園などの緑や花々が美しい名所に恵まれていることも魅力です。

足立区の北千住は交通至便で下町らしい活気もある街

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です