足立のむちうち治療・交通事故対応の整骨院ならファミリア整骨院

目に見える外傷ではないむちうちは、病院の整形外科ではレントゲンやMRI検査などで異常が見つからない限り、痛み止めや湿布薬での対症療法で様子を見ることになりがちです。

むちうちは、事故によって首の筋肉や靭帯が傷み、それが原因で神経などに影響を及ぼして症状が出ることが多いのですが、頸椎に損傷がない限り、レントゲン等の画像診断では「異常なし」という結果が出ることになります。

首の痛みだけでなく、頭痛やめまい、全身のだるさといったつらい症状が続いても「異常なし」と診断されたことで我慢してしまう人もいますが、むちうちは放置し続けることで、身体の別の場所に無理な力がかかるなどして、首以外の箇所にも痛みを感じるようになることもあります。

整骨院では、レントゲン検査等では突き止められない痛みの原因も、患部に触れるなどして、筋肉がこわばっていないか、熱を持っていないかなどといった角度から慎重に探っていきます。

身体全体の歪みにも注目することで、むちうちの根本原因を見きわめて、整体や電気治療といったさまざまな治療で快癒を目指します。

交通事故治療は、外傷が治っただけで安心せず、なかなか治らない不快症状も放置せず、早めに対処しておくことが大事です。

長い時間乗り物に揺られているだけでもつらい症状は、遠方への通院自体たいへんです。

足立区エリア在住であれば、主要駅からのアクセスが良く、西新井からも便利な六町のファミリア整骨院への通院が、身体に余分な負担をかけずにすみます。

横浜市旭区の交通事故整骨院

足立のむちうち治療・交通事故対応の整骨院ならファミリア整骨院