抗酸化物質について

抗酸化成分は退化の原因である活性酸素を除去する働きがあるといわれてあり、水溶性と脂溶性と中性成分の3種別に類することができます。

水溶性抗酸化成分は細胞の外面や細胞膜の内輪ではたらく成分で、カラダに貯蓄しておくことが難しい結果、定期的に摂取する必要があります。

水溶性抗酸化成分にはビタミンB群やビタミンC、ペプチドやピクノジェノールといったものがあります。

ビタミンB群の中でもビタミンB2とB6、ナイアシンが特に有益といわれています。

効果的に摂取するため肌荒れを予防したりお肌の新陳代謝をサポートしてくれるといった美肌効果が期待できるといわれています。

ビタミンCは柑橘類に数多く、ビタミンCと同じ抗酸化ビタミンとして有名なビタミンEの成果を決めるエフェクトがあるといわれているので、同時に摂取するため効率よく摂取することができるでしょう。

ピクノジェノールは松の樹皮から受け取れるもので、にきびなどに効果的な抗炎作用がある結果、お肌のダメージを和らげてくれる役目となってくれるでしょう。

活性酸素は生活でどうしても発生してしまう物体なため、抗酸化成分をごはんから積極的に摂取し、健康なカラダやライフスタイルの中の病気の予防に役立てましょう。

抗酸化作用は退化の原因である活性酸素を省き酸化を引き下げるというエフェクトを指し、水溶性、脂溶性、中性的成分の3種に分類することができます。

脂溶性抗酸化成分は主に脂が主成分の細胞膜で行ない、細胞を活性酸素から防ぐという大切な成果をしています。

主な成分としてはビタミンEやアスタキサンチン、コエンザイムQ10、リコピンといったものが挙げられます。

ビタミンEは若返りのビタミンとしても有名で、水溶性のビタミンCと共に摂取するとよりエフェクトが上がるといわれています。

アスタキサンチンは魚介類に豊富に含まれているものだ。

UVに強いという特徴がある結果、細胞の退化の大きな原因の1つであるUVからの衝撃を防止させるエフェクトが期待されている。

コエンザイムQ10はコスメにも手広く配合されてあり、人の細胞のミトコンドリアの中に存在している物体でもあります。

活性酸素からカラダを守ってくれる成果があり、ビタミンEの成果をサポートするエフェクトもあるので、一緒に摂取するようにすると良いでしょう。

リコピンはトマトや柿などに手広く存在している成分で手軽に摂取することができます。

抗酸化成分は最近では栄養剤やコスメにも配合されているので、生活に合わせて摂取できるのも特色といえるでしょう。

抗酸化物質について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です