【整形外科との違い】小田原市の交通事故治療なら山﨑接骨院

小田原市酒匂の山﨑接骨院は、交通事故の急性期・後遺症の治療に強い整骨院です。

山﨑接骨院では、体軸に対して歪んだりずれた骨格や関節に注目する骨格矯正整体をメインに施術しています。

多くの患者様が転院されているのが小田原市の山崎接骨院

山﨑接骨院は、病院の整形外科からも多くの患者さんが転院される整骨院です。

整形外科との違いは、山﨑接骨院では骨格矯正により後遺症を根本から治療している点にあります。

交通事故の後遺症でよく知られているのはむちうちです。

むちうちについて

むちうちというのは一般的な呼び名で、正式には頚椎捻挫頚椎挫傷という傷病名です。

むちうちと呼ばれるのは、事故の衝撃で体が大きくしなったり前後に振られるところから来ています。

急停車などでカラダがムチ状にしなると、頚椎あるいは腰椎、骨盤といった骨格、関節がずれたりしてしまいます。

この歪みやずれが筋肉や靭帯を傷めたり、神経根を圧迫して坐骨神経痛やしびれが見られるのがむちうちの症状です。

整形外科でまず行われるのがレントゲン

この症状で病院の整形外科を受診すると、レントゲンの検査があります。

しかし、レントゲンでは骨格や関節の位置のずれや、それによって筋肉や靭帯が損傷して腰痛などが起こっていることは診断ができません。

そのため、痛みに対しては湿布や鎮痛剤などが処方されて経過観察とされるケースが多く見られます。

しかしむちうち症の本当の原因は骨格や関節の歪み・ずれですから、湿布や鎮痛剤での根本治療は望めません。

小田原市酒匂の山﨑接骨院では、病院の整形外科で改善できないむちうち後遺症を骨格のずれや歪みを正す整体で根本から治療しています。

ずれや歪みという原因を取り除くので、治療後に痛みなどがリバウンドしないのが山﨑接骨院の整体の特徴です。

横浜市旭区の交通事故治療

【整形外科との違い】小田原市の交通事故治療なら山﨑接骨院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です